相馬接骨院
骨盤矯正
カイロプラクティック

骨盤矯正:診療内容

トムソンテーブルを使った骨盤矯正

痛みのない安心・安全な骨盤矯正を、最新のカイロプラクティック・テーブルを使って施術いたします。

美しい姿勢と健康的なフィットネスを取り戻す骨盤矯正

こんな方におすすめです
  • 産後の骨盤のゆがみやズレを整えたい女性
  • 全身の骨格バランスを整え、健康増進を図りたい方
  • 身体パフォーマンスを向上させたいアスリートやスポーツ学生の方
  • 骨盤周りの不調にお悩みの方
  • etc..
【骨盤の重要な働き】

骨盤は立位における人体の重心に位置しており、上半身の土台(建築物でいえば基礎の部分と同じくらい重要)となっているだけでなく、上半身と連結し、脳からの運動指令(神経伝達)を下半身に伝えるための神経の経路になっています。骨盤は仙骨、尾骨、そして左右一対の腸骨、坐骨、恥骨(まとめて寛骨という)の5つの骨から構成されており、それぞれの骨同士の結合部は歩行を始めとする運動を行うための重要な関節になっています。(特に仙骨と腸骨の結合部である仙腸関節)また、骨盤腔内には生殖器や内臓など重要臓器を保護しています。

骨盤の解剖図
【骨盤矯正の目的】

骨盤のゆがみやズレは、仙腸関節の正常な運動に異常をきたすだけでなく、全身骨格のゆがみやバランスの不均等につながります。また、骨盤をとりまく筋肉、神経、血管などの軟部組織に機能障害をもたらし、血行不良による冷えやむくみにも繋がります。特に、脳からの運動指令(神経伝達)に異常をきたした場合、ヒト本来の自然治癒能力が阻害されたり、身体パフォーマンスが低下するなど、身体の様々な不調の原因になることもあります。(カイロプラクティック業界ではこの状態をサブラクセーションと呼びます)

したがって、骨盤を矯正する目的は、人体の土台を再構築し、不調の改善と健康増進を図ることになります。

トムソンテーブルについて

当院では、「ゼニス・トムソンテーブル」を用いた骨盤矯正を行っています。トムソンテーブルは米国発の特許製品として、米国をはじめ世界中のカイロプラクティック業界で人気を誇っています。

トムソンテーブルによる骨盤矯正は患者様の身体に対して、最小限の刺激で骨矯正ができるため、患者様への負担が少ないというメリットがあります。従来の徒手のみによる矯正とは異なり、テーブル自体が患者様の自重によりドロップする仕組みになっており、より正確に、より安全に、よりスピーディーに、施術者は最小限の力で矯正を行えます。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=QmJkOb9yxCc
トムソンテーブルよる骨盤矯正治療手順

治療手順

  1. まずは、患者様にうつ伏せに寝て頂き、骨盤の歪みやズレの状態を検査します。このときに骨盤以外のところで問題を発見することもあります。
    ※この検査が大変重要になります。腸骨の変位や傾き、仙骨の変位の有無を確認し、どの方向へ矯正するかを判断します。
  2. 矯正する関節部位、方向、手技が決まったら患者様の体位(うつ伏せor仰向け)を決定し、トムソンテーブルのセッティングを行います。
  3. 2~3回のアジャストを繰り返し矯正終了となります。
骨盤矯正により期待できる効果
脚長差の改善

矯正直後から、骨盤の傾きや変位に起因する左右の脚長差の改善効果があります。

姿勢バランスの改善

骨盤の傾きや変位の矯正に伴い、脊柱をはじめとする姿勢バランスの改善効果があります。

サブラクセーションの改善

骨盤の傾きや変位に起因する神経、筋肉、血流や運動機能などのさまざまな不具合(サブラクセーション)の改善効果があります。

スポーティーなイメージ
トムソンテクニック・カイロプラクティック関連動画


治療方針と治療費

当院の治療方針

治療効果を最大限に引き出すため、問診、視診、触診を入念に行い原因や患部の特定に努めてまいります。
通院期間中はもちろん、通院終了後も、患者様の生涯の健康をサポートさせて頂きたく、メールや電話での相談を承っております。
また、患者様のお体を第一に考え、場合によってはトムソンテーブルによる骨盤矯正が適応でないと判断させて頂く場合もございます。

トムソンテーブルによる骨盤矯正の治療料金

1080円(税込)/回
※保険適用外となります。
※初診の場合は別途診察料が必要になります。

※骨盤矯正単体での来院も可能です。他の施術と併用するとさらに効果的です。
※再矯正をご希望の場合は2週間の間隔を空けて頂くようお願いしています。
※月に1回程度、再矯正をして継続メンテナンスすることが理想です。

骨盤矯正についてのお問い合わせ

無料相談・ご予約は TEL:0244-36-1100

メールでもお気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォーム

end container